プロダクト

BIG-IP

ロードバランサとしての「高い基礎能力」、
システムを止めない「安定稼働」、
ADC市場における「リーダー的なポジショニング」

BIG-IP BIG-IP

製品概要

F5 BIG-IPは、サーバ負荷を分散するロードバランサーとして登場以来15年間さまざまな機能を取り込んで参りました。高度な機能と高い信頼性により、リソースの効率的な活用とシステムの安定化を実現します。

BIG-IP
  1. 機能とアークテクチャのご紹介

    BIG-IPの製品群の基盤となる各種機能とアーキテクチャは、以下のとおりです。

    機能 概要
    サイト内サーバ負荷分散機能 LTM
    (Local Traffic Manager)
    ローカルネットワーク内のL4-L7トラフィック分散を実施します。
    クライアントとサーバの間でフルプロキシとして振る舞い、システムの安定稼働や安全性向上、アプリケーションの高速配信を実現します。
    データセンター間負荷分散 GTM
    (Global Traffic Manager)
    セキュアなDNSとしてネットワークの最前線で複数データセンターの効率的な利用と、ディザスタリカバリ、DDoSプロテクションを提供します。
    Webアプリケーションの高速化 AAM
    (Application Acceleration Manager)
    複数データセンター間のレプリケーションの高速化やWebアプリケーションのキャッシング・圧縮など、WAN回線とWebアプリケーションの高速化、安定稼働を実現します。
    ネットワークファイアウォール AFM
    (Advanced Firewall Manager)
    トラフィック処理の豊富な経験を活かしたハイパフォーマンスファイアウォールです。
    LTMと組み合わせることで従来のファイアウォールよりも深いログ取得が可能となります。
    セキュアリモートアクセス APM
    (Access Policy Manager)
    シングルサインオン、BIG-IP Edge Clientと連携した端末検疫、多要素認証をサポートします。
    セキュアリモートアクセスとパフォーマンス負荷分散を提供します。
    Webアプリケーションファイアウォール ASM
    (Application Security Manager)
    Webアプリケーションファイアウォールとして、LTMと組み合わせることでSSLベースの攻撃からWebアプリケーションを保護します。
    WANリンク負荷分散 LC
    (Link Controller)
    ISP回線の分散および冗長化を提供するトラフィック管理システムです。
    インターネット接続のアベイラビリティとパフォーマンスの大幅な向上を実現し、サービス停止というリスクを回避します。

ページトップに戻る