庄司 直史
システムエンジニア

KDDIグループの
一員として
着実に
ステップアップ

庄司 直史Naofumi Syoji

Q1. KDDIエボルバとはどんな会社か教えてください。

A.これまでのキャリアを活かして着実にステップアップできる環境。

KDDIエボルバであれば、KDDIグループ会社の社員としてより深くKDDIの業務に従事できると思い、入社を決意しました。

入社当時はサーバーやネットワークの運用監視がメインの業務に従事していましたが、2回の異動を経て現在は、IoTのシステムエンジニアとして業務に従事しています。

KDDIエボルバには、KDDIグループ会社の社員としてこれまでのキャリアを活かして着実にステップアップできる環境が用意されていると感じています。

Q2. 仕事のやりがいを教えてください。

A.担当している案件がニュースや新聞に取り上げられる。

現在の配属部署で初めて担当した案件は、総務省のICT地域活性化事例 100選にあがっている「鯖、復活」養殖効率化プロジェクトでした。

想定外の事象が発生しつつも先輩に手伝っていただきながらなんとか納品までこぎつけることができ、印象深い案件です。

IoTはこれから発展が見込まれる分野で、未知の領域に踏み込むこともあるため苦労する部分も多いですが、日々新しい技術に触れることができるところにやりがいと面白さを感じています。

また、担当している案件がニュースや新聞に取り上げられることもあり、そんなときは最先端の業務に従事しているのだと実感します。

IoTの導入には、ITだけでなく幅広い知識が求められる業務なので、日々情報収集しながら最先端のIoTの導入に携わっていきたいと思っています。

キャリアアップ

業務フロー策定・運用管理業務

IP電話対応ルーター(ホームゲートウェイ)のIPv6対応ファームウェアへのバージョンアップ作業にて業務フロー策定および運用管理業務に従事。

運用監視業務・メンバー育成

UQの基地局から認証設備までWiMAXネットワーク全体の運用監視業務に従事。チームリーダーとして、運用フローの改定や後進メンバーの育成などに尽力。

サーバ構築・アプリケーション開発

フロントSEとしてサーバ構築やアプリケーション開発などに参画。ガスのスマートメーター案件や交通機関のシェアオフィス案件に従事。

ある日のスケジュール

  • 09:00朝礼、メールチェック
  • 10:00グループミーティング
  • 11:00資料作成
  • 12:00昼食
  • 13:00故障問い合わせ対応
  • 15:00お客様先にて打ち合わせ
  • 16:30メールチェック、社内打ち合わせ
  • 17:30退社

ページトップに戻る