山口 諒
システムエンジニア

安心して働くこと
ができる会社

山口 諒Ryo Yamaguchi

Q1. KDDIエボルバとはどんな会社か教えてください。

A.和やかな雰囲気、法令順守の姿勢。

家庭の事情により高校を中退したあと就職をしましたが、業界全体の不況からくる将来への不安を強く感じ、転職を決意しました。

退職後に高校卒業認定を取得し、雇用保険の「専門実践教育訓練制度」を利用して情報系専門学校へ進学。2年間でコンピュータサイエンス・ネットワーク・プログラミング・データベース・システム開発プロセスなどについて学び、KDDIエボルバへ入社しました。

エボルバを選んだ理由は3つあります。【社内の雰囲気】、【きちんとした法令順守の姿勢】、【KDDIの重要戦略子会社としての安定】です。

実際に入社してみて、想像していた以上に、社内の雰囲気は和やかでした。また、KDDIグループ全体で36協定の厳守が支持されているなど法令順守意識も高く、安心して働くことができます。

さらに、会社全体の方針も部署の方針もKDDIと足並みを合わせ双方の利益を考え決定されているため、強い安心感を感じました。

Q2. 仕事のやりがいを教えてください。

A.ユーザの声を直に聴けること。

アプリ開発エンジニアとしてのやりがいは、やはりユーザの声を直に聴けることだと思います。

KDDIのauブランドのアプリのため、ユーザ数は数十万人に上ります。自分が苦労して作った機能をユーザに使っていただき、SNSで話題になっているのを見たり、知人から感想を聞かされたときは「この仕事をやっていて良かった!」と思いました。

時にはバグを出してしまったり、否定的な意見を耳にすることもありますが、全て真摯に受け止め、より良くしていけるように心がけています。

今後の目標は、エンジニアとして経験と勉強を重ね、優秀なエンジニアをより多く育成することと、社会に影響を与えるような大規模なプロジェクトの開発チームを牽引していくリーダーになることです。

そのためにも、日々新しい技術へのアンテナを張り、自宅でも個人的にクラウドを利用したアプリケーション・サービスの開発や資格取得を目指した勉強を行っています。

キャリアアップ

内部設計~レビュー

「auでんきアプリ」の開発チームにてサーバサイドエンジニアとして、内部設計・プログラミング・テスト・レビューを担当。

内部設計~レビュー・新人教育

同チームにて設計やコードのレビューまで担当。新人エンジニアの教育担当として半年間で一人前のエンジニアに育成。

外部設計・社内研修

クライアントの要求ヒアリングや外部設計から、他のエンジニアのコーディングのサポートまで、幅広い業務を担当。社内向けの研修を定期的に実施。

ある日のスケジュール

  • 08:45出社
  • 09:00メールチェック, スケジュール, タスク確認
  • 09:10前日作成したUMLを見直す
  • 10:00デイリースクラム(朝会)
  • 10:15GitHubでコードレビュー
  • 12:00チームメンバーと昼食
  • 13:00以前開発した機能について質問を受け、丁寧に説明
  • 13:30コードレビューで気になった部分をペアプロで修正
  • 15:00作成したUML等の資料を用いてアーキテクトに設計レビューを受ける
  • 17:00設計レビューの結果を資料に反映
  • 18:00PLにリリース物の詳細を説明し承認を受ける
  • 19:00リリースが正常に完了したことを確認し退社

ページトップに戻る